Top >  ヒアルロン酸化粧品 >  「皇潤」の食用ヒアルロン酸とは

スポンサードリンク

「皇潤」の食用ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸を主とするタンパク質とコンドロイチン硫酸、デルマタン硫酸などのムコ多糖質類が、皇潤(こうじゅん)の主成分です。さらにコラーゲンも配合しています。
これらの成分は、安全で、安心して飲むことができます。なぜなら、どれも元来人間の体内にある生体物質なのです。皇潤(こうじゅん)は、高温処理や化学薬品処理などを行わず大切に、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸、デルマタン硫酸、コラーゲンなどを製造しています。なぜなら、原料の選定から製造まで「カラダにやさしく」をモットーにしているからです。特に「皇潤」のヒアルロン酸は、「ECM-E」という、ヒアルロン酸を体内に吸収しやすくするために、ヒアルロン酸を酵素で分解して低分子化したヒアルロン酸吸収用食品なのです。低分子ヒアルロン酸は、分子量が小さく体内に吸収されやすくなり、またヒアルロン酸の保湿能力や弾力性も持続しやすくなります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 「皇潤」のヒアルロン酸とは  |  トップページ  |  次の記事 ヒアルロン酸ドリンクについて 1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「ヒアルロン酸効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。